きっかけ

日曜にお腹ピーだったカールの体調もだいぶ良くなりました。

無理しなくてイイから、ゆっくりお互い受け入れていってちょーだいね。

さてさて、今日はそんな繊細王子様ことカールのゴハンについてです。
カールは手作りゴハンです。
手作りになったきっかけは、この子の食に対する興味のなさ。
パピーの頃、食べることより家族といたい!って仔で、その頃ドライフードにいろいろトッピングしても食べず。
成長期だし、かなり悩みました。

話が少し脱線しますが、我が家はワタシが小学1年の時からほぼワンコがいてます。

マルチーズのぬぬ。
ドーベルマンのロビン。
雑種のユーちゃん。
そして、カールの1代前は17年長生きしてくれた、雑種のフユとビスケ。
みんな大切な家族。

歴代のワン達はみんなゴハンと散歩が大好き!!だったから犬ってそーゆーものだと思ってました。
ところがカールは食に興味がなく、散歩もそんなにって感じでビックリでした。
ゴハン食べなくて、最初は体調悪いんだと思ってましたもん。でもオヤツは食べるから体調不良じゃないなぁと。う~ん…難しいコだったんです。
その頃のカールの好きなモノ
ゴハン<散歩<オヤツ<ラン<家族
かなぁ。

こんなコ初めてで、いろいろワタシなりに調べました。ネットで。
ネットって良くも悪くも正しくも間違いも様々な情報が多いですよね。
それに今はドライフードの種類がめちゃめちゃある。
その中からワタシが選択しなきゃいけなくて…。悩みすぎて頭パーンッてなるかと思ったこの頃。
一番納得出来たのが
犬の先祖は狼で、生肉が身体に合ってる(かなりザックリな説明ですいません)っていう話。
生肉食は賛否両論ありますけどね。
私はなるほどな。と、思いました。
さっそく馬肉を買ってドライフードと混ぜてあげてみると。

カール生肉食べず。
ネチャって感触がイヤみたいで、口に入れて、ネチャネチャ…ペッ!ってされた。
フフフ。生肉食べないのは想定内よ!カールさん!!(ネットに書いてたもんね)
始めはボイルして~少しずつレアにしていく作戦。
そしてドライフードも減らす。
なぜにそこまでして生肉にしたかったか?
それは、いろいろ調べるとドライフードより生肉食の方が健康的に思えたからです。
慣れるまで時間はかかったけど、慣れると気に入ったようでモリモリ食べてくれるようになりました。
そして前に書いた「ストック」
の野菜を入れたおじやと共に与えてます。

でも、生肉食ってどれだけ与えたらイイのか?栄養は足りてるのか?ちょっと不安でした。
そんな時出会った本がコチラ
(寝てたルイス撮影協力サンキュ!)
そんなにガチガチに考えてなくてイイんだー!生肉に拘らなくてイイんだー!って思えて、それから楽しくカールゴハンを作れるようになりました。

基本、生肉を与えますが、今みたいにお腹ユルユルの時は湯通しして与えたり、鶏肉は煮込んであげるし、内臓系の生はネチョっと感がカール好きではないのでしっかり火を通して与えてます。

ちなみに昨日の晩ゴハンは
さっと湯通しした馬肉
しっかり火を通した鶏のハツ・ズリ・レバー
野菜入りおじや
すりごま
にぼし
サーモンオイル


カールルイス共に完食。

食べなかった頃を思うとこうやってモリモリ食べてくれるだけでシアワセですね。
完食ってステキ(*^^*)

ゴハンの話、もうちょと続きまーす。

ランキングに参加しいます。
ポチっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
そして届きました | Home | カール病院へ行く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する