お散歩でのモンダイ

2/8(月)タフラブセッションを受けてきました。

先ずはお散歩でのカール・ルイスの問題を書いてみたいと思います。

カール。
パピーの頃から散歩で急に「そっちには行きたくない」と拒否することがあります。
道の先に何があるわけでもなく、この拒否はいつも突然です。
そして、1歳を過ぎた頃から散歩で出会う嫌いなワンさんにはワンワン吠えるようになりました。

セッションが終わって、帰って爆睡のカール

お疲れさま


普段はリードをグイグイ引っ張る“興奮散歩”をするわけでもなく、穏やかに歩いてくれるカール。
たぶんルイスを迎えてなかったら、ワタシはカールの“問題”をいつも回避し、やり過ごしていたと思います。
やり過ごせる程度で「大変な問題」だと思ってなかったからです。

ルイス。
4ヶ月で我が家に迎えたルイスは最初からカールとのお散歩は大好き。
でも道で会う初めましてのワンさんはちょっと怖くて後退りしちゃってました。
少し大きくなると道で会うワンさんに遊ぼ!と誘うようになり、気付けばどのワンさんにもワンワン吠え、飛び付こうとするようになってました。
ルイスも帰って爆睡
ルイスのヨダレだらけのクッションはスルーでお願いします



ザックリだけど、これがカール・ルイスのお散歩問題。
ルイスのこのどのワンさんにも吠える、飛び付こうとする、興奮。
ワタシにはどうやっても回避することすら、出来ませんでした。
この問題のおかげで、カールの問題と共にタフラブセッションを受けるきっかけになったのです。

どうやってタフラブを知ったか。
どうしてタフラブに行き着いたのか。
その辺りのお話をスコーン!と飛ばします(笑)

アヅミさんとセッションの日程を決めたら、その日までに今のワタシとカール・ルイスの事を言葉と動画で伝えました。

最初にアヅミさんスゴイ!って思ったのは、初めて動画を送った時。
その返信の始めに「2頭とも耳に疾患はないですか?」とありました。
送った動画は20~30秒のモノを5本。
この中でカールが1回、ルイスが2回頭を振ってます。
アヅミさんの観察力。スゴイです。

ルイスはこの動画を撮る前に耳毛を抜いたのでフリフリしてましたし、カールは慢性的な外耳炎でこの時も状態が良くなくフリフリしてました。
実は頭をフリフリしてたの知ってたので、動画にはなるべく映らないようにしてたんです。
だけどバレちゃった(笑)

頭を振ってた理由を伝えると、外耳炎の話をちょこっとしてくださって、セッションで詳しく聞くことが出来ました。
食事が大きく影響してる。とのことで、聞いたコトを只今実践中です。

さてと。
長くなったので今日はここまで。

カール・ルイスを
ポチリっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トモダチと旅行 | Home | 1つが2つ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する