タフラブセッション感想

タフラブセッションのお話…
写真はありませんし、セッションの内容ではなくタフラブを受けたワタシの感想、思ったことを書いてます。
きっと読んでて「??」となるかと思います。
ワタシの感想文(笑)に興味のある方はお付き合いくださいマセ。


アヅミさんとメールでのやり取り。
これがまた楽しいのです。
カール・ルイスの心理とワタシの行動がどうなのかを明確に伝えてくれて、何度「おぉ!!そうか!」と驚いたことか。
そしてアヅミさん、表現が面白かったりするんですよ~

セッション前日、「メールのやり取りで頭ではなんとなく分かってきたけど、まだまだどうしていいかわかりません。でも明日よろしくお願いします。」
みたいな内容のメールを送ったら返信が、
「そんな簡単に出来たら私いりませんやん(笑)」
って。確かに(笑)
そして
「メルマガ、メールのやり取りが点になって繋がればと思います!」
と。
この時も「そっかー!」と思ったのですが、セッション受けて、改めて メルマガ・メールのやり取り その1つ1つの点が繋がったのがわかりました。

セッション。
父母ワタシ。そしてカール・ルイス。
家族みんなで行きました。

前の記事に書いたカール・ルイスの問題。
そうさせたのは「ワタシ」です。
護ってやることが出来ず、カールもルイスも各々自分と仲間を護ろうと、警戒し周りを気にしてビクビク ソワソワしてたんです。
こんな緊張いっぱいなのは散歩ではないです。
それをワタシが護るから、ゆっくりしときー!
と伝えたい。

ただ「吠えるな」ではなく「ワタシがいるから緊張するな。警備も防御もしなくていい、ゆったり歩きなさい」
そう伝えたい。

それは、難しいことではナイんですね。
ワタシの意識の問題です。
カール・ルイスとの関わり方です。
(あ。今まで出来てなかったワタシにはタイミングだったり、伝え方だったりがまだまだちゃんと出来なくて難しいです・笑)

終わってみて、
セッション楽しかったなぁ!

ワタシ達家族はやっとスタートラインです。
これから、カール・ルイスとゆったりとした散歩が出来るよう、安心した毎日を過ごさせてあげれるよう、ブレずにやっていきます。
やっていけるよう頑張りますよ~。

セッション中唯一の写真。
カールをハンドルするお母さん。
その横アヅミさんとお父さん。

そうだ。
この日はお天気もサイコーに良かったんだった

こんな晴天を気持ちいいと思えて、
自然をゆっくり楽しめる
そんなお散歩が毎日できますように。


ね。
カール・ルイス。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
最後にポチリっとお願いします。
スポンサーサイト
テストとランチ | Home | トモダチと旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する