身体のメンテナンス

シェイクでのオビをルイスが卒業した翌日カール・ルイスをいしづか動物病院へ連れていきました。
分院のリハビリセンターで身体を診てもらう為です。

先ずはワタシの朝ゴハンに付き合ってもらいましょう。
いしづか動物病院への行きしなにどこかへ寄ればイイのだけど、始めて行く場所が2つなんてムリムリ!
ここは大人しく知ってるスタバ(いしづかさんへ行くには真逆方向)でモーニングです。

朝ゆっくり出来るとすごーく得した気分になれるからこの時間が最近のお気に入り

さてさて、カール・ルイス初のリハビリです。
このいしづかさんでのリハビリはアンテさん家のルカ・ミエルちゃん、ピーママ家のピース・フレールくんも通ってます。
そしてシェイクのおごしセンセのボルちんえっちゃんも。

ドッグダンスって日常犬がしない動きをさせるコトもあります。
それがカール・ルイスの身体に負担にならないか、無理な動きを補う為に他の部分に負担をかけてないか、ずっと気になってたし、いしづかさんの良さはピーママやおごしセンセから聞いてたのでカール・ルイスがダンストレになったら一度行ってみようと決めてました。
ただウチのワンズ、そう簡単に見ず知らずの人に身体を触らせません(特にルイス)それがワタシにはネック。
だけど行ってみないと始まらない。
ずっと身体は大丈夫かな?無理してないかな?って思いながらダンスをするのは違うと思ったので予約を取りました。

カールは右腰辺りをマッサージのように触ると違和感を感じるのか反応します。
ルイスは後ろ足を伸びするのが下手?キチンと伸びてない気がしてました。

いしづかさんに到着。


予約時間になるのを待って


前の時間のワンさんが終わってカールイの時間。

問診の後カールから身体を診てもらうことになり先ずは立ったり座ったりの動きを見て次に触診です。
カールは人に触られるのを嫌がらないけど、慣れ慣れしく触られるのは嫌い(頭わしゃわしゃされたり、ずっと触られたり)。
なので最初に先生が触ったときはまだ大丈夫。だけど肩の辺りを触ったとき(後で聞いたらそこが一番凝ってる部分)激しく抵抗。
そこから緊張と警戒して先生になかなか触らせない。。。

結果、カールは前足に重心を置いててそれは元は腰が痛いからかもしれないけど、今は肩甲骨の辺りがガチガチに凝ってる。そして!後ろ足の筋肉が年のわりに付いてなくてペラペラ(触ったら確かにペラペラ)
身体がガチガチでうまく筋肉が付くよう動かせてないみたい。

カールよく頭とシッポを下げて立ってます(これ、何で?ってずっと思ってたけどカールがこの体勢が楽ならそれでいいかって気楽に考えてました)
これは肩が張って頭を上げてる姿勢が辛いから。
そしてシッポが下がってるもの筋肉がなくてシッポの位置が下がってるからだと。

そしてそして。カールの首のタルタルの皮。
これもこの子、タルタル多いけどそーゆーコなんだと思ってた。これも筋肉がないから皮が緩んで?下にたまってる状態。
先生がカールを診て教えてくれた症状と日常のカールのしぐさが合致。
それってそーだからだったんだ!!と驚きの連続。

まさかカールがこんなに筋肉なくて身体がガチガチだと思わなかったので、ワタシ軽く動揺です。

なんとかちょっとだけ施術。
めちゃ緊張してる。


この後少しストレッチ


オヤツで誘導するので、それ見てルイスも参加


そんなルイス、部屋に入って先生に診てもらう時オヤツ持ってカールを呼んだらカールは警戒して戸惑ってたのにルイスはスタタターっと寄っていった。
警戒心より食い意地が勝ってた。。。

それでも触らすのは中々なので、ルイスこの日は何も出来なかったです。と言うかカールに手間取ってルイスまで施術出来なかった。

しっかり解してもらったら楽になるから頑張って!と言ってもカール・ルイスに通じるワケもなく、これはゆっくり慣れていってもらうしかないのかなぁ。

飼い主としてはそんだけ凝ってるなら早くやってもらいー!と気持ちは焦るのだけどね


伸びるカール・ルイスを
ポチリとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
デッカイとちっさい | Home | 同じ思い

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する